未分類

個人事業主や起業のブランディングでめちゃくちゃ大切なこと

ブランディング 大切なこと
テリコ

今回は、ブランディングするなら
めちゃくちゃ大切にして欲しい、
ことを5つご紹介します。

中でも絶対にやっちゃいけないことを
重点的にお話しします。

これをやってしまうと、
せっかくブランディングをしても、
一気にそれが崩れてしまいかねないので、
最初からやらない方がいいよ〜ということですね。

ちなみに今回は、個人事業主さんや、一人社長の経営者さんなど、
実際に商品を提供してる人の顔やキャラクターといったものが
割と表に出やすい、スモールビジネスの場合
ブランディングという風に
考えていただけばいいかなと思います。

\この内容を音声で聴きたい方はこちら↓/

大切にしたいこと1:必要以上に【盛らない】 

ブランディングをするとなると、
どうしても自分をよく見せるみたいなイメージが強い人が多いですが、
実はブランディングでは、ない袖は振れません。

必要以上に盛ってしまうと
実態と見せ方にギャップが出るわけなので、
当然ながら後で大変なことになるわけです。

下手するとクレームにすらなりかねません。

そのため、盛るのは絶対にNG。

ブランディング 大切なこと

ただ、そうなると、

クライアントさん

良く見せないなら、
何のためにブランディングするの?

と疑問に思う人がいるかなと思います。

実は、世の中の商品や、
スモールビジネスのサービス提供者で、
本来の自分の良さを100%表現できている人は、
まぁまずいないです。

100%自分のことを伝えられて、
100%相手に伝わることはとても難しいこと。

そのため、ブランドを作ると言っても
わざわざ盛る必要は全くなくて、
限りなく100%に近く、
自分の魅力はここですよということを、
正直に発揮できさえすれば、
十分に選んでもらう理由になるんですね。

つまり、必要以上に盛って嘘をつく必要は無いですよ。ということ。

自分のまんまで大丈夫です。
今持ってるものを100%に近づけて
出していけるようになったなら、必ず選ばれます。

大切にしたいこと2:別人キャラを作り込まない

これね、男性は作ってもいけちゃうんですよ。
でも女性は割と、キャラが崩壊しがち(笑)

芸能人でもそうですね。
わかりやすい例だと、こりん星の方とか。

ブランディング 大切なこと

スモールビジネスをやってらっしゃる方の中でも、
男性の経営者さんは個人情報を一切出さずに、
専門性だけを出してガンガン売っていける人って多いんです。

対して女性はどうしても、
自分の日常のことを発信したがるし、
女性同士は共感の生き物なので、
実際プライベートな部分をを発信した方が、
すごく集客がしやすい
傾向にあります。

なので、割とプライベートな話とか、
自分が今感じてることを出していく人が多いですし、
そのスタイルの自体は問題ありません。

ただ、その時にキャラを作ってしまうと、
どこかで矛盾が生じてしまったり、
自分でそのキャラに飽きたり、嫌になってしまったりする。

つまりどこかで崩壊します(笑)

大切にしたいこと3:最初から安売りしない

これはもう、そりゃそうですよね。

牛丼の吉野家のように、
安さでブランディングするのもひとつの手法ではあります。
それはそれで狙ったならば問題ありません。

けれど、自信のなさや、意図しない値下げから
安いというブランドイメージが定着してしまうと、
そこから抜け出せなくなってしまいます。

そして、フリーランスや個人事業主さんは大体、
手数が限られていますよね。
小規模で営んでいる分リソースがないので、
大手企業のように、安いものを大量に作って売るという事が、
なかなか難しいわけです。

そうなると、ある程度高いものを少なく売る方が個人事業主向き。

確実に後者のほうが成功しやすいし、
格段に難易度も下がります。

最初から高額商品を作って売るという事は、
特に駆け出しの時はなかなかできないし、
下手すると盛ることに近くなるのでしなくていいんですが、
必要以上に安く売るのは後々に響くので要注意です。

ブランディング 大切なこと

大切にしたいこと4:小さな約束を破らない

ブランド関係なくそうじゃんと思うかもしれませんが、
ブランディングでは特に、
約束を破らない事が非常に重要なんです。
なぜかと言うと、ブランドって信頼の積み重ねなんですよね。

ハイブランドを想像してもらうとわかると思いますが、
このブランドの服はこのクオリティであるとか、
このブランドと言えばこうであろうという、
何かしらの信頼感があって人は購入に至ります。

もちろん信頼の中身はブランドによって違うんですが、
その積み重ねで、ブランドというのは出来上がります。

そのため、その信頼を裏切るようなことを
一回でもやってしまうと、
ブランドイメージが地に落ちてしまうんです。

レオン

例えば芸能人のベッキーとか?
ハツラツと元気で、明るく裏表なくて…
っていうブランドイメージだったよね。

テリコ

そうそう。
「ゲス不倫」はなかなか衝撃的だったし、
さらに「センテンススプリング!」は致命的だった。笑


彼女は別に
「私は元気で明るくて裏表のないキャラでいきます!」と
世の中に約束していたわけではないんですが、
視聴者側は勝手にそれがベッキーであるとして、
そこに信頼を置いていたわけです。

そこであの「ゲス不倫」。
本当に一方的ですけど、
視聴者は彼女にブランドイメージ(=信頼)を
裏切られたと感じてしまったため、
反発が大きかったと思います。

ブランディング 大切なこと

そのため、ブランドには信頼感がとても重要。
小さい約束事を破らずに、
あのブランドなら大丈夫と信頼される行動を、
コツコツと積み重ねていかないといけません。

言うことがコロコロ変わったり、
これをやりますと宣言したのにやらなかったとか、
そういう事は、ブランドとしては本当に致命的です。

なので、約束をきっちり守ること。
これがとても大切です。

大切にしたいこと5:途中で辞めない

マーケティングは売り上げに直結しやすくて、
速効性があると言われていますが、
ブランディングはそうではありません。

というのもブランドは、
信頼感を相手の中にイメージとして
蓄積していかないと成立しないんです。

だからこちらが一方的にブランドを作りました!と出しても、
カッコいい、可愛いなど、
イメージの良い何かが出てきたな〜
という印象を与えるだけであって、
本当の意味でブランドができたとは言えません。

ブランドは作って終わりではなく、
作って発表したところがスタート。

そこからいかに、
ブランドイメージをこちらが伝え続けられるか、
守り続けられるか、というのがとても重要です。

発表されたブランドを何度も何度も目にしてるうちに、
そのブランドに対する信頼感が、
見てる側の心の中に出来上がっていきます。

ほんとにフワッとした、掴みづらい話なんでが、
このブランドは〇〇だという感覚、
それが相手側の心に芽生えた時点ではじめて、
本当の意味でブランドが出来上がったということになるんですね。

ブランディングというと、見た目をよく見せるとか、
華やかなイメージがありますけど、逆です。
すごく地味。華やかなのはマーケティングの方です。

ブランディングで大切にしたいこと:まとめ

ブランディングで大切なこと
  • 盛らない
  • キャラを作らない
  • 安売りをしない
  • 約束を破らない
  • 途中でやめない

といった5つをご紹介しました。

レオン

全然見た目の話じゃない!

テリコ

そうなの。
ブランディングで大事なことって、
見た目とかキャッチコピーがどうとか、
そういう、チャラついたことじゃないんだよねー。笑

少しでも伝わったら嬉しいなと思います!

ABOUT ME
テリコ
ブランディングデザイナーです。 2016年にフリー転身。主に個人事業主のビジュアルを含めたブランド作りのお手伝いしてます。【変】をこよなく愛するが故に個性派さんが大好物。個性派だらけの世界を作ってうっかり目立ちがちな自分を隠したい所存。ウイスキー好きさんも大歓迎。